歯医者・歯周病・口臭について知ろう

新着

Dental X-RAY

ヘッドライン

恐ろしい病気

歯周病とは、歯の歯周組織が細菌に感染することで歯肉が腫れたり出血したりして炎症を起こしてしまう病気のことです。歯周病は日本人の成人約80%が…

選出記事

恐ろしい病気

歯周病とは、歯の歯周組織が細菌に感染する…

READ MORE

種類

口臭には臭いの種類があります。・アルコー…

READ MORE

特別記事

Dental X-RAY

恐ろしい病気

歯周病とは、歯の歯周組織が細菌に感染することで歯…

詳細はこちら

歯科医師

shikaishi

歯医者とは歯科医師とも呼ばれております。口腔内の健康を取り戻す役割を担っております。
虫歯や歯周病といった歯の傷病の予防や治療、歯茎の傷病の治療や予防、歯垢・歯石の除去などが行われます。

歯医者になるには歯科医師国家試験に合格しなくてはなりません。この資格というのは医師とは違う国家資格になります。
また、歯科医師国家試験に合格し、資格を取得した場合には食品衛生管理者や衛生検査技師、衛生管理者の資格が無条件で与えられます。

種類

歯科医免許は1種類しかないものの、歯医者には色々な種類が存在します。
種類について紹介します。

・一般歯科
虫歯や歯槽膿漏、歯周病の治療や予防、歯が欠損してしまった部分を補うといった診療が主です。

矯正歯科
咬み合わせが合っていない、歯並びが悪い、顎が突出しているといった場合に歯並びを正常な状態に戻し、治療をする歯医者の事を指します。

・小児歯科
子供の口腔内の治療を専門に診断し、治療をする歯科です。小児歯科というのは、正常な状態で歯を発成長させつことが一番の目的です。

・歯科口腔外科
歯肉、粘膜系、口腔内・顎・歯などの外傷の治療を専門的に行います。

歴史

rekishi

歯医者ができたのは明治時代(明治維新前後)といわれております。
明治維新以前でも、口腔内の病気を専門的に治療している医療はあったものの、正式に「歯医者」という分類はされていませんでした。1873年に医療制度ができて、医療の環境が整えられてきました。

1906年に歯科医師法が制定され、現在では医師法・歯科医師法・医療法に分けられるようになりました。


LINK LIST

五反田の歯医者で安心の治療を受けてみませんか?:M Dental Office

川崎の歯科なら|美加デンタルクリニック
親知らずが生えてきたら抜歯しない治療をしてもらいましょう:親知らず専門外来
インプラントといえば横浜で評判の|CIDインプラントセンター